IT資格・転職

インフラエンジニアへ転職  必要スキル、将来性、仕事内容、未経験OK?を解説

こんな方へおすすめの記事
  • インフラエンジニアはどんな仕事?
  • インフラエンジニアに必要なスキルは?
  • IT未経験、インフラ未経験でもインフラエンジニアになれるの?

上記の疑問を持つ方向けに、インフラ構築や運用に携わる私が、インフラエンジニアの

  • 仕事内容
  • 必要なスキル
  • 将来性
  • IT未経験、インフラ未経験でもなれるのか

について丁寧に解説します。

 

インフラエンジニアとは

インフラエンジニアは、情報システムを稼働させる基盤となるコンピュータやネットワークなどのハードウェアと、OSやデータベースなどのソフトウェアの設計、構築、運用、保守を行うIT技術者です。

 

インフラエンジニアの仕事内容と必要スキル

インフラエンジニアの職種と仕事内容

分類 エンジニアの職種 仕事内容
開発~保守 サーバーエンジニア サーバー機器の構築、インストール・設定、保守を行う。
セキュリティエンジニア セキュリティに考慮したシステムやネットワークの設計や運用、サーバ攻撃に対する対策など、情報システム全般のセキュリティ対策を行う。
データベースエンジニア データベースの設計、構築、運用を行う。
ネットワークエンジニア ネットワークの設計、構築、運用を行う。
IoTエンジニア IoT(Internet of Things)製品や技術を利用して、システムの開発を行う。
クラウドエンジニア AWSやAzureなどのクラウドを利用したインフラ構築や運用を行う。
ペンギンさん
ペンギンさん
インフラエンジニアは、クラウドの普及により各分野の知識が横断的に必要なケースが増えています。
ラッコくん
ラッコくん
得意分野を持ちつつ複数分野をカバーするインフラエンジニアが求められる傾向があるよ。

 

リモートワークの可否

インフラエンジニアは、リモートワークに向ていない仕事が多いです。

例えば、サーバーエンジニアであれば、物理的にサーバを設置し、インストールや設定を行うので、リモートで作業を行えません。

運用監視やヘルプデスクでは、データセンターやコールセンターなどに集まって、機器監視や電話対応を行うので、リモートワークできません。

 

インフラエンジニアで、唯一リモートワークに向いているのはクラウドエンジニアです。

クラウドエンジニアは、AWSやAzureなどのパブリッククラウドであれば、リモートで作業を行えます。

セキュリティを担保すれば、クラウドエンジニアは、リモートワークで仕事ができます。

 

必要なスキル

必要スキル 必要スキルの例
製品、サービスの知識 ハードウェア IAサーバー、SANストレージ
OS WindowsServer、Linux、Unix
ミドルウェア Oracle、Apache
組み込み系ソフトウェア 光センサー(IoT機器)、SANストレージ
仮想化 VMWare、Hyper-V
パブリッククラウド AWS、Azure、GCP
プログラミング シェル、VBS、PowerShell
ネットワーク Ciscoルータ、Juniper Networks
セキュリティ FortiGate(ファイアウォール)、FireEye NX(サンドボックス)
インフラ構築 要件定義 可用性、性能・拡張性、運用・保守性、移行性、セキュリティについて、要求レベルを顧客と合意
設計 要件定義で決められた内容を満たすシステム構成の設計
構築 設計に基づき、各システムのOS~ミドルウェアをインストールや設定
運用・監視 運用手順の確立  異常発生時の対応手順のドキュメント作成と合意
障害予防 リソース使用状況に応じて、設備やサービスのアップグレード
障害対応 障害発生時に顧客へ連絡を行い、障害対応
ITの基礎力 基本情報技術者、ネットワークスペシャリスト、情報処理安全確保支援士、ITサービスマネージャに合格するレベルの知識
ペンギンさん
ペンギンさん
インフラエンジニアは、プログラミングと違い、ある程度横断的に各スキルを求めらえれます。

 

インフラエンジニアの将来性

ITエンジニアは人手不足

経済産業省が2019年3月に公開した「 IT 人材需給に関する調査」では、2030年にIT人材が16~79万人不足すると試算されています。

転職サイトのDODAが発表している「転職求人倍率レポート」で、2020年12月の求人倍率は、全体が2.02に対し、IT・通信は5.78と、他業種と比べてかなり高いです。

また、2014年4月以降、IT・通信の求人倍率は4倍後半~9倍程度で推移しており、直近6年以上高止まりしています。

システムを動かすために、インフラエンジニアは必須ですので、インフラエンジニアに対する需要も高いといえます。

 

インフラエンジニアの年収

求人ボックスのインフラエンジニアの仕事の年収・時給・給料情報によると、インフラエンジニアの仕事の平均年収は547万円、正社員のボリュームゾーンは478〜549万円です。※2021年2月3日時点

システムエンジニアの仕事の年収・時給・給料情報の平均年収が494万円ですので、インフラエンジニアの仕事の方が、やや高いと言えます。

ペンギンさん
ペンギンさん
インフラエンジニアは、システム開発より幅広いスキルが求められるので、システムエンジニアより年収が高いと考えられます。

 

インフラエンジニアの求人数

求人に特化した検索エンジンindeedと求人ボックスで、インフラエンジニアとメジャー言語エンジニアの求人数は、下記表の通りです。

検索ワード indeed 求人ボックス
サーバーエンジニア 26,433 件 12,443 件
セキュリティエンジニア 11,680件 22,803件
データベースエンジニア 8,446件 17,869件
ネットワークエンジニア 4,506件 44,969件
IoTエンジニア 7,709件 14,197件
クラウドエンジニア 5,585件 35,294件
javaエンジニア 20,488件 42,270件
PHPエンジニア 11,514件 22,241件
Pythonエンジニア 6,453件 16,894件

※2021年3月4日時点

ラッコくん
ラッコくん
メジャーなプログラミング言語と同等の求人数があるから、求人数は十分に多いといえるよ。

 

おすすめの職種はクラウドエンジニア

インフラエンジニアの職種で一番のおすすめは、クラウドエンジニアです。

システムのインフラは、クラウドのPaaS(Platform as a Service)を組み合わせて構築するケースが増えると予想します。

PaaSは、ハードウェアとインフラソフトウェアのアップデートをパブリッククラウド側で自動的に行ってくれるので、管理コストを抑えやすく、すぐに構築できるからです、

上記のトレンドを踏まえると、クラウドエンジニアの需要は今後も伸びると考えられます。

ペンギンさん
ペンギンさん
ただし、クラウドエンジニアは、OS、ネットワーク、セキュリティ、ミドルウェア、パブリッククラウドの知識と経験が必要なので、未経験でスタートするにはハードルが高いです。
ラッコくん
ラッコくん
他のインフラエンジニアかWebエンジニアを経験した後、クラウドエンジニアを目指すことをおすすめするよ。

 

インフラの勉強方法

スクール

プログラミングスクールでプログラミングが学べるように、インフラ系のスクールに通うことでインフラのスキルを学ぶことができます。

おすすめのインフラ系のスクールは、下記スクールです。

最速で稼げるプロになるエンジニアリングスクール「RaiseTech」
プログラミングとクラウドを学べる「AWSフルコース」がおすすめ
※2週間のトライアル期間あり

個別サポートのITスクール「ウズウズカレッジ/CCNAコース」
ネットワークの登竜門的資格CCNAを取得出来る「CCNAコース」がおすすめ

ITエンジニア専門スクール「リナックスアカデミー」
OSとネットワークを学べる「Linux・ネットワークエンジニア」がおすすめ

 

ただし、インフラはプログラミングより幅広いITスキルを必要とされます。

ペンギンさん
ペンギンさん
IT未経験者が一つのスクールに通って、すぐにインフラエンジニアとして活躍するのは、かなりハードルが高いと思ってください。
ラッコくん
ラッコくん
スクールに通った後も、継続して学習し、基本情報処理技術者試験に合格するレベルの知識は、習得したいね。

国家資格の取得

IT未経験者、見習いレベルのITエンジニアは、基本情報技術者の資格取得をおすすめします。

ITエンジニアの基本レベルを網羅的に学習できるため、バランスよくレベルアップができます。

ペンギンさん
ペンギンさん
基本情報技術者の資格取得により自分の実力をアピールできるので、一石二鳥です。

 

基本情報技術者の試験概要、資格取得メリット、効率的な勉強方法や対策は以下記事で解説しています。

https://penrako.com/fe/

https://penrako.com/fe/(別ウインドウ)

 

ベンダー資格の取得

カテゴリ 資格名 対象製品 ベンダー名
ネットワーク シスコ技術者認定 Cisco Cisco
データベース オラクル認定資格 Oracle Oracle
Microsoft 認定資格(SQLServer) SQLServer Microsoft
OS LinuC Linux LPI-Japan
Microsoft 認定資格(WindowsServer) WindowsServer Microsoft
クラウド AWS 認定 AWS Amazon
Microsoft 認定資格(Azure) Azure Microsoft
Google Cloud 認定資格 GCP Google

 

特定製品やサービスの仕事に就くのであれば、製品の転職や業務遂行に有利なベンダー資格を取得する選択肢もありです。

一方、ベンダー資格は有効期限が決まっており、定期的に再取得が必要なので、継続的な費用と試験勉強が必要な点がデメリットです

インフラエンジニアへ転職

IT未経験者

ITエンジニアが企業から評価されるのは、業務経験です。IT未経験者は、業務経験がないため、大きなハンデを背負います。

一方、ITエンジニアは需要に対して供給が追い付いていないため、企業は未経験であってもポテンシャル採用をして、一から育てる傾向があります。

従って、年齢しだい(20代半ばが目安)で、IT未経験者でもインフラエンジニアへ転職可能です。

ペンギンさん
ペンギンさん
ポテンシャル採用で重要なのは、年齢(若さ)なので、IT未経験者は早く転職することをおすすめします。

 

プログラミング経験者

既にプログラミングの業務経験を持っており、基本情報処理レベルのIT知識を持っているのであれば、インフラエンジニアへの転職は問題なく可能です。

一からITについて教える必要がなく、教育コストが少ないためです。

 

おすすめの転職エージェントとサイト

転職活動は、専門知識のある転職エージェントと相談しながら進めるのがおすすめです。

IT業界、20~30代に強い転職エージェント

ウズキャリ第二新卒|既卒・第二新卒の内定率83%以上
※10代~20代の第二新卒、既卒向けのエージェント

マイナビエージェント×IT|IT・Web業界に強い
※首都圏・関西圏の20代~30代IT経験者向けのエージェント

転職のリクルートエージェント | 転職業界実績No.1
※転職を少しでも考えいるのであれば、登録した方が良いエージェント。

ラッコくん
ラッコくん
自分に適した転職エージェントと合うために、1つではなく複数の転職エージェントに登録した方がいいよ

 

ペンギンさん
ペンギンさん
いきなり転職エージェントと相談するのは気が引ける方は、転職サイトで転職先を探すと良いです。

転職サイト

転職サイトのリクナビNEXT | 圧倒的な求人数
※リクルートエージェントとは、別のサービス。転職サイト最大手

マイナビ転職 | 地方の求人に強い
※未経験でも応募できる求人が多い

 

まとめ

  • インフラエンジニアの仕事は、コンピュータやネットワークなどのハードウェアと、OSやデータベースなどのソフトウェアの設計、構築、運用、保守を行います
  • インフラエンジニアに必要なスキルは、製品,サービスの知識、インフラ構築、運用・監視、ITの基礎力と幅広く必要です。
  • IT未経験でも20代であれば、インフラエンジニアに転職できる可能性は高い。
  • ITエンジニアであれば、インフラ未経験でもインフラエンジニアに転職できる可能性は高い。

 

おすすめのインフラ系のスクール

RaiseTech | 「AWSフルコース」がおすすめ ※2週間のトライアル期間あり

ウズウズカレッジ | 「CCNAコース」がおすすめ

リナックスアカデミー |「Linux・ネットワークエンジニア」がおすすめ

 

IT業界、20~30代に強い転職エージェント

ウズキャリ第二新卒|10代~20代の第二新卒、既卒向け

マイナビエージェント×IT|首都圏・関西圏の20代~30代IT経験者向け

転職のリクルートエージェント | 転職業界実績No.1

 

 

最後に関連記事を紹介します。

↓IT未経験からITエンジニアへ転職可能なこと、IT業界と職種、エンジニアのメリット・デメリット、転職戦略、ITの勉強方法について解説した記事です。

未経験からITエンジニアへ! IT業界と職種、転職戦略、勉強方法を解説IT業界で10年以上のキャリアを持つ私が、IT未経験でも転職可能なこと、IT業界と職種、エンジニアのメリット・デメリット、転職戦略、勉強方法について丁寧に解説します。...

https://penrako.com/inexperienceditjobchange/(別ウインドウ)

 

↓RPAエンジニアの仕事内容、必要なスキル、将来性、IT未経験でもなれるのか、について解説した記事です。

RPAエンジニアへ転職  必要スキル、将来性、仕事内容、未経験OK?を解説 上記の疑問を持つ方向けに、RPAの開発や運用に携わる私が、RPAエンジニアの 仕事内容 必要なスキル 将来...

https://penrako.com/rpaengineer/(別ウインドウ)