UiPath

無料で使えるUiPath Studioのインストール方法

こんな方へおすすめの記事
  • 無料でUiPathを使ってみたい
  • UiPathアカデミーを受講するため、開発ツールのStudioを併用して勉強したい
  • 無料版のUiPath Studioのインストール方法を知りたい

上記に当てはまる方向けに、RPAの開発や運用計画に携わる私が、無料版開発ツールUiPath Studioのダウンロードとインストール方法、分かりやすく説明します。

 

 

 関連記事 【UiPath】Udemyのオンラインコースで実践的なロボット作成を学ぶ

 

当ブログ『エフペンITブログ』の運営者

 

UiPathのライセンスプラン

UiPathには、コミュニティ (Community)、Enterprise(無料評価版)、Enterpriseの3つのライセンス プランがあります。

ライセンスプランの比較

コミュニティ (Community) Enterprise(無料評価版) Enterprise
ライセンスプランの説明 UiPath の利用規約に準拠している、個人の RPA 開発者、小規模なチーム、企業を対象とした無料のプランです。 評価を目的とする無料のプランです。Enterprise プランで提供されるプラットフォームの拡張機能を確認できます。 Enterprise プランでは、特定のニーズに応じてライセンス数をカスタマイズできます。
費用 無料 無料 有料
利用可能期間 制限なし 60日間 購入した期間
サポート UiPath のフォーラムを通じた無料のサポート チケット管理による SLA サポート チケット管理による SLA サポート
ライセンス Attended – Named User 2 5 購入数
Citizen Developer – Named User 0 5 購入数
RPA Developer – Named User 0 5 購入数
RPA Developer Pro – Named User 2 5 購入数
Unattended ロボット 1 5 購入数

 

エフペン
エフペン
「RPA Developer Pro – Named User」ライセンスで、Studioが使用できます。
ラッコくん
ラッコくん
ライセンスプランの詳細は、以下参考のリンク先を参考にしてね。

 

個人であれば、UiPath Automation Cloud for communityに含まれる開発ツールのStudioを期限制限なしに無料で利用できます。

ラッコくん
ラッコくん
UiPath Automation Cloud for communityの前身は、UiPath Community Cloud、さらにその前はUiPath Community Edition(コミュニティエディション)と呼ばれていていたよ

 

UiPath Automation Cloud for communityの機能

製品名 ライセンス数 主に出来ること
RPA Developer Pro(Studio) 2 エンジニア向けの開発ツール
Attended Robots 2 人間が実行させるロボット
Unattended Robots 1 スケジュールして、自動で実行するロボット
Testing Robots 1 業務以外で使用するテスト用ロボット
Orchestrator 1 ロボットの管理や自動実行
Action Center ロボットの実行結果に対する承認行為
Computer Vision AIによりUI要素を抽出
Document Understanding データを画像や文章から抽出
Apps Webアプリを開発するための製品
Data Service UiPathのデータを一元管理

UiPath Automation Cloud for communityは、上記表のUiPath製品の詰め合わせです。

開発で使用するのは、RPA Developer Pro(Studio)になります。

エフペン
エフペン
UiPath Automation Cloud for communityを使用するためには、UiPathのアカウント登録が必要なので、次の章で説明します

 

UiPath Automation Cloud for communityの利用登録方法

UiPath Automation Cloud for communityは、以下手順でUiPathのアカウントを作成することで利用できます。

 

UiPathのリンクをクリックして、UiPath社のWebページを開く。

 

②右上の[トライアルの開始]をクリック

③Google/Microsoft/LinkedIn または メールアドレスの中で好みの登録方法をクリック(※今回は、メールアドレスで後の手順を説明します)

 

④アカウント作成画面で、各項目を入力します。

アカウント登録の各項目の説明です。

組織名 会社名もしくはチーム名を入力します。
名/姓 名前と苗字を入力します。
国/地域 [日本]を選択します。
メールアドレス アカウントに登録するメールアドレスを入力します
パスワード 任意のパスワードを入力します。

各項目を入力したら、[利用規約および利用ポリシーに同意します]にチェックを入れて、[登録]をクリックします。

 

⑤メール確認の保留画面へ遷移したことを確認します。

 

⑥登録したメールアドレスの受信Boxへ以下メールが届いていることを確認し、[Verify Email]をクリックする。

 

[メールの確認が保留です]の画面に戻り、[こちらをクリックしてください]をクリックする。

 

⑧Automation Cloudの画面が開けたことを確認する

以上でCommunity Cloudの利用登録は、完了です。

 

UiPath Studioのインストール方法

①Community Cloudの最初の画面の右側にある[UiPathStudioをダウンロードする]をクリックする。

 

②ダウンロードが完了したことを確認する。(※Chromeの場合、下側にダウンロード結果が表示される)

 

③ダウンロードした[UiPathStudioSetup.exe]をクリックする。

 

④インストールが完了すると、Studioが開くので、[閉じる]をクリックする。

 

⑤Studioのスタート画面が開いたことを確認する。

以上で、Studioのインストールは完了です。

UiPath Studioの起動方法

UiPath Studioは、デスクトップの右下にあるWindowsアイコンから、[UiPath Studio]アイコンをクリックすることで起動します。

 

もしくは、デスクトップにある[UiPath Studio]のアイコンをクリックすることで起動します。

まとめ

  • 個人利用可能な無料版のUiPathStudioは、無期限で利用可能。
  • UiPathのWebページからUiPathアカウントを作成して、無料版のUiPathStudioをダウンロードする。
  • ダウンロードしたUiPathStudioは、簡単にインストールできる

 

目次へ戻る

 

 関連記事 【UiPath】Udemyのオンラインコースで実践的なロボット作成を学ぶ

 同カテゴリ UiPath