UiPath

【UiPath】フローチャートとシーケンスの効果的な使い分け

UiPathで開発を始める際、フローチャートとシーケンスのどちらをベースにするか、迷われると思います

この記事では、RPAの開発や運用に携わる私が、プロセスを作成する際は、フローチャートをベースにシーケンスを配置するのがおすすめであることを説明します。

目次へ進む

 関連記事 【UiPath】Udemyのオンラインコースでワンランク上のロボット作成技術を学ぶ

当ブログ『エフペンITブログ』の運営者

 

エフペン
エフペン
もし、エフペンが未経験からITエンジニア目指すなら、プログラミングスクールのDIVE INTO CODEへ入会します。  

\教育訓練給付金対象講座なら受講料最大 70 %給付/

DIVE INTO CODEのオンライン個別説明会&相談会を見てみる

*オンライン個別説明会&相談会への参加は無料

DIVE INTO CODE公式サイトのWebエンジニアコース

 関連記事 現役SEエフペンがもしIT未経験からWebエンジニアを目指すならプログラミングスクール【DIVE INTO CODE】を受講する

ラッコくん
ラッコくん
プログラミングだけでなく、要件、設計、開発、テスト、環境構築とプログラミング以外のスキルも丁寧に学べるので、卒業後1人前とみなされて転職活動できるからだよ。

フローチャート (FlowChart)とは

フローチャート (FlowChart)は、全体のフローを俯瞰的に見られて、条件によって前の処理へ戻すことができるワークフローです。

 

・フローチャートの例

処理の全体像をイメージしやすく、前の処理へ戻ることができるのがフローチャートの特徴です

 

シーケンス(Sequence)とは

シーケンス(Sequence)とは、複数のアクティビティに分岐することなく、一直線に処理が進むワークフローです。

 

・シーケンスの例

上から下へ一直線で処理が進むのがシーケンスの特徴です

 

おすすめの使い分け

プロセスを作成する際は、フローチャート上にシーケンスを作成するのがおすすめです。

フローチャート上にシーケンスを作成をおすすめする理由は、

  • フローチャートを最初に配置した方が全体の処理の流れが分かりやすい
  • 処理ごとにシーケンスを分けた方が、直観的に理解しやすい
  • 一つのシーケンスにアクティビティを多数配置すると可読性が落ちるため、複数のシーケンスに分けた方が読みやすい

です。

・フローチャート上にシーケンスを配置した例

 

プロセスの作成で重要なことは、

  1. 正常に動作すること
  2. エラー発生時に適切な処理を行うこと
  3. 他人から見てワークフローが理解しやすいこと
  4. エラー発生個所を特定しやすいこと

ですが、多くの人が①だけに注力しがちです。

しかし、RPAで効果を出すためには、作成した後の③や④も重要です

ラッコくん
ラッコくん
フローチャート上にシーケンスを作成することで、可読性が向上するため、③と④が分かりやすくなるよ

 

まとめ

  • フローチャートは、処理の全体像をイメージしやすく、前の処理へ戻ることができる
  • シーケンスは、上から下へ一直線で処理が進む
  • ワークフローを作成する際は、フローチャート上にシーケンスを作成するのがおすすめです。

目次へ戻る

 関連記事 【UiPath】Udemyのオンラインコースでワンランク上のロボット作成技術を学ぶ

 

エフペン
エフペン
もし、エフペンが未経験からITエンジニア目指すなら、ITエンジニアとしての実力をつけることを優先しているプログラミングスクールのDIVE INTO CODEへ入ります。

\¥647,800(給付金を利用した場合、実質負担197,800円)/

Webエンジニアコース 就職達成プログラムを見てみる

*オンライン個別説明会&相談会への参加は無料

DIVE INTO CODE公式サイト オンライン個別説明会&相談会

 関連記事 現役SEエフペンがもしIT未経験からWebエンジニアを目指すならプログラミングスクール【DIVE INTO CODE】を受講する

ラッコくん
ラッコくん
卒業生の9割以上が未経験採用ではなく結果的に実務歴2~3年が必要が必要とされる求人票で内定を得ており、通常の未経験者より良い条件で転職できるよ。