UiPath

【UiPath】フローチャートとシーケンスの効果的な使い分け

UiPathで開発を始める際、フローチャートとシーケンスのどちらをベースにするか、迷われると思います

この記事では、RPAの開発や運用に携わる私が、プロセスを作成する際は、フローチャートをベースにシーケンスを配置するのがおすすめであることを説明します。

 

 

 関連記事 【UiPath】Udemyのオンラインコースで実践的なロボット作成を学ぶ

 

当ブログ『エフペンITブログ』の運営者

 

フローチャート (FlowChart)とは

フローチャート (FlowChart)は、全体のフローを俯瞰的に見られて、条件によって前の処理へ戻すことができるワークフローです。

 

・フローチャートの例

処理の全体像をイメージしやすく、前の処理へ戻ることができるのがフローチャートの特徴です

 

シーケンス(Sequence)とは

シーケンス(Sequence)とは、複数のアクティビティに分岐することなく、一直線に処理が進むワークフローです。

 

・シーケンスの例

上から下へ一直線で処理が進むのがシーケンスの特徴です

 

おすすめの使い分け

プロセスを作成する際は、フローチャート上にシーケンスを作成するのがおすすめです。

フローチャート上にシーケンスを作成をおすすめする理由は、

  • フローチャートを最初に配置した方が全体の処理の流れが分かりやすい
  • 処理ごとにシーケンスを分けた方が、直観的に理解しやすい
  • 一つのシーケンスにアクティビティを多数配置すると可読性が落ちるため、複数のシーケンスに分けた方が読みやすい

です。

・フローチャート上にシーケンスを配置した例

 

プロセスの作成で重要なことは、

  1. 正常に動作すること
  2. エラー発生時に適切な処理を行うこと
  3. 他人から見てワークフローが理解しやすいこと
  4. エラー発生個所を特定しやすいこと

ですが、多くの人が①だけに注力しがちです。

しかし、RPAで効果を出すためには、作成した後の③や④も重要です

ラッコくん
ラッコくん
フローチャート上にシーケンスを作成することで、可読性が向上するため、③と④が分かりやすくなるよ

 

まとめ

  • フローチャートは、処理の全体像をイメージしやすく、前の処理へ戻ることができる
  • シーケンスは、上から下へ一直線で処理が進む
  • ワークフローを作成する際は、フローチャート上にシーケンスを作成するのがおすすめです。

 

目次へ戻る

 

 関連記事 【UiPath】Udemyのオンラインコースで実践的なロボット作成を学ぶ

 同カテゴリ UiPath