UiPath

【UiPath】よく使う変数と設定方法を解説

UiPathで開発する上で、変数の理解は必須です。

この記事では、変数とは何か、よく利用する変数のString、Int32、Boolean、DateTime、Array、List、DataTableについて、解説します。

変数について

変数とは

変数とは、数値や文字列などを格納する箱のことです。

数学で、変数xに2を代入するを x=2 と表現したように、UiPathでも変数xという箱に、数値や文字列を記憶させます。

 

変数の型

数学では、変数に数値しか代入しませんでしたが、UiPathでは、数値以外も代入します

そこで問題になるのが、変数同士を計算しようとした時に、数値以外の変数が代入されていると計算できないことです。

例えば、
x=2
y=文字
⇒x+y = 計算できない!

のように一方に文字が入っていると足し算できません。

UiPathでは、変数に何がが入っているかを示す型が存在します。型が何かを明示することで、上記のように変数同士が足し算できないことを事前に防ぐことができます。

ペンギンさん
ペンギンさん
プログラミング経験がない方は、型の概念が分かりづらいと思いますが、UiPathで開発するには、抑えておきたい考え方です。

変数のスコープ

Uipathで変数を設定する場合、スコープを決める必要があります。

スコープは、変数が使用できる範囲のことで、上のスコープで設定した変数は、下のスコープでも使用できます。

反対に、下のスコープで設定した変数は、上のスコープで使用できません

上位のスコープに変数を設定すると、すべての階層で使用できるので便利ですが、余計な変数が定義されていると可読性が落ち、バグの元になります。

ラッコくん
ラッコくん
変数はなるべく下の階層のスコープで設定した方が、トラブルが少なくなり、可読性も向上するよ

スコープは、下段にある[変数]をクリックして、各変数のスコープを選択することで設定します。

 

よく使う単一データの変数の型

この章では、使用頻度の高い単一データの変数の型を解説します。

String型(文字列)

変数に文字列を保存する場合は、String型を使用します。

Stringは、デフォルトの型として設定されます。

 

String型の例

"あいうえお"
"abcde"

 

Int32型(整数)

変数に整数を保存する場合は、Int32型を使用します。

Int32は、変数の型のデフォルトの選択肢に含まれています。

 

Int32型の例

123
-123

 

Boolean型(真偽)

変数に真偽(True か False)を保存する場合は、Boolean型を使用します。

Booleanは、変数の型のデフォルトの選択肢に含まれています。

 

Boolean型の例

True
False

 

DateTime型(日時)

変数に日時を保存する場合は、DateTime型を使用します。

DateTimeは、変数の型のデフォルトに含まれていないので、以下の手順で設定します。

(1)変数の型の選択肢の[型の参照]をクリック

(2)検索欄にSystem.DateTimeを入力し、[DateTime]をクリック、[OK]をクリック

(3)DateTime型が設定されていることを確認する

よく使う複数データの変数の型

この章では、複数データの変数の型を紹介します。上図のイメージの通り、複数の変数(箱)を一つの変数(箱)にまとめたのが、複数データの変数の型です。

Array型(配列)

要素の個数が固定の場合は、Array型(もしくは後述のList型)を使用します。

ペンギンさん
ペンギンさん
Array型と違いList型は、要素を追加できるので、List型の方が使いやすいです。

 

Array型は、変数の型のデフォルトに含まれており、以下の手順で設定します。

(1) [Array of [T]]をクリックする

(2) 配列に保存する型を選択します(下の画像では、Stringを選択しています)

(3) [OK]をクリックする

(4) 変数の型が 設定した型[] であることを確認します。

 

Array(String)型の例

{"りんご","オレンジ","ぶどう"}

 

List型(配列)

要素の個数が可変の場合は、List型を使用します。

List型は、変数の型のデフォルトに含まれていないので、以下の手順で設定します。

(1)変数の型のプルダウンをクリックし、[型の参照]をクリックする

(2) 検索欄に「Generic.List」を入力し、[List<T>]をクリックする

(3)配列内の型を選択する(下図ではStringを選択しています)

(4) [OK]をクリックします

(5) List<選択した型> になっていることを確認する。

 

List(String)型の初期化の例

New List(of String) 
ペンギンさん
ペンギンさん
List型は、初期化しないと要素を追加できないので、必ず初期化します。

 

List(String)型の初期化して、初期値を設定した例

New List(of String) From{"りんご", "オレンジ","ぶどう"}
ラッコくん
ラッコくん
New List(of String)の後に、From{}を追加することで、初期の値を設定できるよ

 

表形式データ

DataTable型(表形式)

表形式のデータは、DataTable型を使用します。

DataTable型は、変数の型のデフォルトの選択肢に含まれています。

 

まとめ

  • 変数とは、数値や文字列などを格納する箱のこと
  • 変数は、スコープで使用できる範囲を決める
  • UiPathでよく利用する変数は、String、Int32、Boolean、DateTime、Array、List、DataTable

 

最後に関連記事を紹介します。

↓UiPath Studioのアクティビティの使い方、開発時のチップスについては、以下記事にまとめています。

【UiPath】プロセス作成方法やアクティビティの使い方のまとめ記事UiPath Studioでのプロセス作成方法やアクティビティの使い方を体系的に学びたい方向けに、UiPath Studioのプロセス作成方法、アクティビティの使い方、開発時のチップスを分かりやすく説明します。...

https://penrako.com/uipathstudiosummary/(別ウインドウ)

 

↓使用頻度の高いアクティビティについて、アクティビティで出来ることと、アクティビティガイドへのリンクを一覧で解説した記事です。

https://penrako.com/activitylist/

https://penrako.com/activitylist/(別ウインドウ)