UiPath

【UiPath】 Orchestratorの機能、導入メリットを解説

こんな方へおすすめの記事
  • UiPath Orchestratorで何が出来るの?
  • UiPath Orchestratorの導入メリットを知りたい
  • UiPath Orchestratorは、どのような導入方法があるの?

上記の疑問を持つ方向けにRPAの開発や運用経験を持つ私が、UiPath Orchestratorの機能、導入メリット、構成、導入方法について丁寧に解説します。

UiPath Orchestratorとは

UiPath Orchestratorは、ロボットを一元管理するRPAツールです。

UiPath Orchestratorを使えば、ロボットの監視・パッケージ配布・スケジューリング実行・ログ管理等を一元管理することができます。

ペンギンさん
ペンギンさん
Orchestratorは、オーケストレーターと呼びます。

 

UiPath Orchestratorの主な機能とメリット

 

機能 機能の説明 メリット
ロボットの管理 ロボットの稼働状態を把握します。 ロボットの稼働状況をシステムで一元管理することで、未使用ロボット発見や効率的なロボット運用により、ライセンスの効率的な運用を行えます。
パッケージの配布 Studioで作成したパッケージをロボットへ配布します。 パッケージをOrchestratorにより遠隔で配布出来るので、ロボット1台ずつにパッケージを配置する手間が省けます。
プロセスの実行状況の管理 ロボットで実行されているプロセスの実行状況を把握します。 ロボットで実行されているプロセスが問題なく稼働しているか、Orchestratorで一元的に把握できるので、正常終了しないプロセスを発見しやすくなります。
資格情報管理 ユーザIDやパスワードなどの資格情報をOrchestratorに保存し、ロボット実行時に取得可能にします。 ロボット実行時にOrchestratorからパスワードを複合化して取り出すことで、安全にパスワードを管理できます。
スケジュール実行 あらかじめ設定したスケジュールで、ロボットを遠隔で自動的に実行させます。 無人で定期的に実行されるので、人がロボットを実行し忘れるのを防止し、人がいない夜間や休日にロボットを実行させることで、さらに業務を効率化させます。
ログ集約 Orchestrator側でログを一括管理します。 プロセスの異常終了時、Orchestratorに送信されたログを見てトラブルシューティング出来るので、ロボットへログインしに行く必要がなくなります。
ライセンス管理 ライセンスをOrchestrator側で管理します。 ロボットとOrchestratorが接続することで、ライセンスがアクティベートされるので、ロボット1台ずつにライセンスをアップデートする必要がなくなります。
ペンギンさん
ペンギンさん
他のオプション機能では、ElasticsearchもしくはInsightsによるログ分析、Action Center(フォームとタスク)による人の判断などがあります。

 

UiPath Orchestratorの構成

システム構成

  • プロセス開発者:Studioでパッケージを作成して、Orchestratorへアップロードする
  • ロボット管理者:OrchestratorのWeb画面でロボットやライセンスなどを管理する
  • ロボット実行者:Orchestratorから配布されたパッケージを実行する
  • 無人ロボット:スケジュールに基づいて、ロボットを定期実行する

 

論理構成

  • パッケージとロボットグループは、N対Nの関係
  • パッケージとロボットグループを紐づけをプロセスと呼ぶ
  • ロボットグループとロボットは、N対Nの関係
  • マシンとロボットは、1対Nの関係
ラッコくん
ラッコくん
URの高密度型を使えば、一つのパソコンに複数のロボットを動かすこともできるよ。

 

UiPath Orchestrator導入方法

UiPath Orchestrator導入方法は、

  1. オンプレミス
    ハードウェアを調達して、オンプレミスでOrchestratorをインストールする。
  2. パブリッククラウド
    AWSやAzureなどのパブリッククラウドのIaaSもしくはPaaS上にOrchestratorをインストールする。
  3. SaaS版Orchestrator
    UiPath社が提供するSaaS版Orchestratorを利用する。

の3通りあります。

 

■メリット/デメリット、おすすめ利用パターン

オンプレミス
パブリッククラウド
SaaS版Orchestrator
Orchestratorのバージョンアップタイミングのコントロール できる できる × 出来ない。
使用中のロボットと互換性のないバージョンにアップデートされる可能性がある。
Orchestratorのバージョンアップにかかるコスト × 自前でOrchestratorをバージョンアップする必要がある。 × 自前でOrchestratorをバージョンアップする必要がある。 不要。
ハードウェアの保守コスト × 数年ごとにハードウェアを交換する必要がある。 不要 不要
メンテナンスのタイミングのコントロール できる × パブリッククラウドの運用に影響を受ける × UiPath社の運用に影響を受ける。
コスト 初期:大
ランニング:中
初期:中
ランニング:中
初期:小
ランニング:小~大
(ロボット数が拡大するほどランニング大)
おすすめの利用パターン ロボット数が多く、バージョンアップ、メンテナンスのタイミングを全て自社で行いたい。 ロボット数が増加することを見込んでおり、バージョンアップのタイミングをコントロールしたい。 ロボット数が少なく、ロボットのバージョンアップを定期的に行っている。

 

ペンギンさん
ペンギンさん
SaaS版Orchestratorは始めやすいですが、制約が多い、ロボット数が多いとコスト高になりやすいことに注意です。

 

 

まとめ

  • UiPath Orchestratorの主な機能は、ロボットの管理、パッケージの配布、プロセスの実行状況の管理、資格情報管理、スケジュール実行、ログ集約、ライセンス管理。
  • UiPath Orchestratorのシステム構成は、プロセス開発者(Studio)、ロボット管理者(OrchestratorのWeb)、ロボット実行者(AR)、無人ロボット(UR)
  • UiPath Orchestratorの導入方法は、オンプレミスかパブリッククラウドへOrchestratorをインストール、SaaS版Orchestratorを利用の3通り。

 

最後に関連記事を紹介します。

↓UiPath Studioのアクティビティの使い方、開発時のチップスについては、以下記事にまとめています。

【UiPath】プロセス作成方法やアクティビティの使い方のまとめ記事UiPath Studioでのプロセス作成方法やアクティビティの使い方を体系的に学びたい方向けに、UiPath Studioのプロセス作成方法、アクティビティの使い方、開発時のチップスを分かりやすく説明します。...

https://penrako.com/uipathstudiosummary/(別ウインドウ)

 

↓RPAエンジニアの仕事内容、必要なスキル、将来性、IT未経験でも可能か、転職について解説した記事です。

RPAエンジニアへ転職  必要スキル、将来性、仕事内容、未経験OK?を解説 上記の疑問を持つ方向けに、RPAの開発や運用に携わる私が、RPAエンジニアの 仕事内容 必要なスキル 将来...

https://penrako.com/rpaengineer/(別ウインドウ)