UiPath

【UiPath】文字列のチェックをサンプル付きで紹介

UiPath Studioの開発で、文字列のチェックや判定が必要になることは多いです。

この記事では、文字列に対して、null,空,空白スペースが含まれているか、指定文字列と一致しているか、チェックする方法をサンプル付きで紹介します。

目次へ進む

 関連記事 【UiPath】Udemyのオンラインコースでワンランク上のロボット作成技術を学ぶ

当ブログ『エフペンITブログ』の運営者

 

エフペン
エフペン
もし、エフペンが未経験からITエンジニア目指すなら、プログラミングスクールのDIVE INTO CODEへ入会します。  

\教育訓練給付金対象講座なら受講料最大 70 %給付/

DIVE INTO CODEのオンライン個別説明会&相談会を見てみる

*オンライン個別説明会&相談会への参加は無料

DIVE INTO CODE公式サイトのWebエンジニアコース

 関連記事 現役SEエフペンがもしIT未経験からWebエンジニアを目指すならプログラミングスクール【DIVE INTO CODE】を受講する

ラッコくん
ラッコくん
プログラミングだけでなく、要件、設計、開発、テスト、環境構築とプログラミング以外のスキルも丁寧に学べるので、卒業後1人前とみなされて転職活動できるからだよ。

文字列がnull,空,空白ペースかのチェック

文字列がnullまたは空かチェックする(IsNullorEmpty)

文字列がnullまたは空かチェックするのは、IsNullorEmptyを使用します。

 

String型の変数「str1」がnullまたは空かチェックするコード

String.IsNullOrEmpty(str1)
  • ()内の1つ目の値:チェック対象の文字列

 

ラッコくん
ラッコくん
IsNullorEmptyは、指定した文字列がnull または空の文字列””であるかを判定する関数だよ

 

・サンプルワークフロー

 

・実行結果



エフペン
エフペン
対象文字列がnullか””の場合、Trueが返ってくるんだね

 

文字列がnullまたは空または空白ペースかチェックする(IsNullOrWhiteSpace)

文字列がnullまたは空かチェックするのは、IsNullOrWhiteSpaceを使用します。

 

String型の変数「str1」がnullまたは空かチェックするコード

String.IsNullOrWhiteSpace(str1)
  • ()内の1つ目の値:チェック対象の文字列

 

ラッコくん
ラッコくん
IsNullOrWhiteSpaceは、指定した文字列がnull または空であるか、空白文字だけで構成されているかを判定する関数だよ

 

・サンプルワークフロー

 

・実行結果



エフペン
エフペン
IsNullOrWhiteSpaceは、先ほどのIsNullorEmptyと違い、空白スペースの文字をTrueで返します

 

 

文字列に指定文字列が含まれるかのチェック

文字列に指定文字列が含まれているかチェックする(Contains)

文字列に指定文字列が含まれているかチェックするのは、Containsを使用します。

 

String型の変数「str1」に”ab”が含まれているかチェックするコード

str1.contains("ab")
  • ()内の1つ目の値:検索する指定文字列

 

ラッコくん
ラッコくん
Containsは、指定した文字列がこの文字列内に存在するかどうかを判定する関数だよ

 

・サンプルワークフロー

 

・実行結果

 

・その他のサンプルと実行結果
//より左側がコード、『』が出力結果、//より右側が出力結果のコメント

str1 = "abc123"
str1.contains("a")   //『True』 が出力される。
str1.contains("b")   //『True』 が出力される。
str1.contains("ab")   //『True』 が出力される。
str1.contains("z")   //『False』 が出力される。
str1.contains("az")   //『False』 が出力される。
str1.contains("a1")   //『False』 が出力される。
str1.contains("c1")   //『True』 が出力される。
str1.contains("123")  //『True』 が出力される。
str1.contains("1234")  //『False』 が出力される。

 

 

文字列が指定文字列と一致するかチェックする(Equals)

文字列が指定文字列と一致するか判定するのは、Equalsを使用します。

 

String型の変数「str1」が”abcあいう”と一致するかチェックするコード

str1.Equals("abcあいう")
  • ()内の1つ目の値:検索する指定文字列

 

ラッコくん
ラッコくん
Equals は、指定した文字列が同一かを判定する関数だよ

 

・サンプルワークフロー

 

・実行結果

 

・その他のサンプルと実行結果
//より左側がコード、『』が出力結果、//より右側が出力結果のコメント

str1 = "abcあいう"
str1.Equals("abcあいう")    //『True』 が出力される
str1.Equals("abc")       //『False』 が出力される
str1.Equals("あい")      //『False』 が出力される
str1.Equals("abcあいうえお")  //『False』 が出力される
str1.Equals("ABCあいう")    //『False』 が出力される
str1.Equals("ABCあいう", StringComparison.CurrentCultureIgnoreCase)    //『True』 が出力される

 

エフペン
エフペン
Equalsは、デフォルトでは大文字小文字を区別します。
ラッコくん
ラッコくん
StringComparison.CurrentCultureIgnoreCaseを追加することで、大文字小文字を区別せずにチェックできるよ。

 

 

文字列が指定文字列と前方一致するかチェックする(StartsWith)

文字列が指定文字列で始まるかを判定するのは、StartsWithを使用します。

 

String型の変数「str1」が”ab”と前方一致するかチェックするコード

str1.StartsWith("ab")
  • ()内の1つ目の値:検索する指定文字列

 

エフペン
エフペン
StartsWithは、先頭の文字列と指定した文字列が同一かを判定する関数です。

 

・サンプルワークフロー

 

・実行結果

 

・その他のサンプルと実行結果
//より左側がコード、『』が出力結果、//より右側が出力結果のコメント

str1 = "abcあいう"
str1.StartsWith("a")      //『True』 が出力される
str1.StartsWith("b")      //『False』 が出力される
str1.StartsWith("ab")      //『True』 が出力される
str1.StartsWith("abcあい")   //『True』 が出力される
str1.StartsWith("abあいう")  //『True』 が出力される
str1.StartsWith("abあいうえ") //『False』 が出力される
str1.StartsWith("ABC")     //『False』 が出力される
str1.StartsWith("ABC",StringComparison.CurrentCultureIgnoreCase)    //『True』 が出力される

 

ラッコくん
ラッコくん
StringComparison.CurrentCultureIgnoreCaseを追加することで、大文字小文字を区別せずにチェックできるよ。

 

 

文字列が指定文字列と後方一致するかチェックする(EndsWith)

文字列が指定文字列で終わるかを判定するのは、EndsWithを使用します。

 

String型の変数「str1」が”いう”と後方一致するかチェックするコード

str1.EndsWith("いう")
  • ()内の1つ目の値:検索する指定文字列

 

ラッコくん
ラッコくん
StartsWithは、後方の文字列と指定した文字列が同一かを判定する関数だよ

 

・サンプルワークフロー

 

・実行結果

 

 

・その他のサンプルと実行結果
//より左側がコード、『』が出力結果、//より右側が出力結果のコメント

str1 = "abcあいう"
str1.EndsWith("う")      //『True』 が出力される
str1.EndsWith("い")      //『False』 が出力される
str1.EndsWith("いう")     //『True』 が出力される
str1.EndsWith("ab")      //『False』 が出力される
str1.EndsWith("abcあいう")   //『True』 が出力される
str1.EndsWith("Cあいう")    //『False』 が出力される
str1.EndsWith("Cあいう", StringComparison.CurrentCultureIgnoreCase)  //『True』 が出力される
ラッコくん
ラッコくん
StringComparison.CurrentCultureIgnoreCaseを追加することで、大文字小文字を区別せずにチェックできるよ。

 

 

まとめ

  • 文字列がnull,空,空白ペースかのチェックは、IsNullorEmpty、IsNullOrWhiteSpaceを使用します。
  • 文字列に指定文字列が含まれるかのチェックは、Contains、Equals、StartsWith、EndsWithを使用します。
  • 使用頻度は、IsNullorEmpty、Contains、Equalsが高いので、これらをまずは覚えてください。

目次へ戻る

 関連記事 【UiPath】Udemyのオンラインコースでワンランク上のロボット作成技術を学ぶ

 

エフペン
エフペン
もし、エフペンが未経験からITエンジニア目指すなら、ITエンジニアとしての実力をつけることを優先しているプログラミングスクールのDIVE INTO CODEへ入ります。

\¥647,800(給付金を利用した場合、実質負担197,800円)/

Webエンジニアコース 就職達成プログラムを見てみる

*オンライン個別説明会&相談会への参加は無料

DIVE INTO CODE公式サイト オンライン個別説明会&相談会

 関連記事 現役SEエフペンがもしIT未経験からWebエンジニアを目指すならプログラミングスクール【DIVE INTO CODE】を受講する

ラッコくん
ラッコくん
卒業生の9割以上が未経験採用ではなく結果的に実務歴2~3年が必要が必要とされる求人票で内定を得ており、通常の未経験者より良い条件で転職できるよ。