UiPath

【UiPath】MicrosoftOffice365の予定表/カレンダー関連アクティビティの使用例

UiPath Studioの開発では、Office365の予定表/カレンダーを操作したいケースがあります。

この記事では、Microsoft Office365アクティビティを使用して、予定表/カレンダーを操作する方法を説明します。

 

 

 関連記事 【UiPath】Udemyのオンラインコースで実践的なロボット作成を学ぶ

 

当ブログ『エフペンITブログ』の運営者

 

 

Office365アクティビティの使用準備と方法

Office365アクティビティのインストール方法

Microsoft Office365アクティビティは、デフォルトで作成したプロセスには存在しません。

別途、MicrosoftOffice365.Activitiesアクティビティパッケージを追加する必要があります。

Microsoft Office365アクティビティのインストール方法は、Office365アクティビティパッケージのインストールの記事を参考にしてください。

 

Office365アクティビティの使用方法

Office365の予定表/カレンダー関連のアクティビティは、「Microsoft Office 365 スコープ」内にアクティビティ配置して使用します。

「Microsoft Office 365 スコープ」は、連携>Microsoft>Office365 配下のアクティビティがすべて使用出来るのでおすすめです。

ただし、AzureADに対して「アプリの登録」の設定が必要です。

エフペン
エフペン
具体的な設定方法は、Microsoft Office 365 スコープによる認証を参照してください。

 

 

Office365の予定表/カレンダー操作のアクティビティ一覧

Office365の予定表/カレンダーを操作するアクティビティは、「連携>Microsoft>Office365>予定表/カレンダー」配下にあります。

 

「連携>Microsoft>Office365>予定表/カレンダー」配下のアクティビティは、以下表の通りです。

アクティビティの場所 アクティビティ名 アクティビティで出来ること
連携>Microsoft>
Office365>
予定表/カレンダー
イベント/予定を作成 (Create Event) Microsoft Graph の CreateEvent API を使用して、指定した予定表 ([予定表]) に新しいイベントを作成します。
イベント/予定を削除 (Delete Event) Microsoft Graph の DeleteEvent API を使用して、指定したイベント ([イベント]) を削除します。
イベント/予定を変更 (Modify Event) Microsoft Graph の UpdateEvent API を使用して、既存のイベント ([イベント]) を変更します。
イベント/予定を検索 (Search Events) Microsoft Graph の ListEvents API を使用して、指定した予定表 ([予定表]) から、一致するイベントを取得します。
予定表を取得 (Get Calendars) Microsoft Graph の GetCalendar API を使用して、予定表のプロパティと関係を取得します。
会議日時を検索 (Find Meeting Times) Microsoft Graph の FindMeetingTimes API を使用し、開催者と出席者 ([出席者]) の空き時間、および指定した会議開催時刻の範囲 ([期間の開始時刻]、[期間の終了時刻]、[会議の長さ]) に基づいて、会議の日時と場所を提案します。
出席者を追加 (Add Attendee) Microsoft Graph の UpdateEvent API を使用して、指定したイベント ([イベント]) に出席者 ([メール アドレス] と [名前]) を追加します。
出欠確認 (RSVP) Microsoft Graph の Accept event、Decline event、Tentatively accept の各 API を使用して、指定したイベント ([イベント]) に返信 ([返信]) します。
場所を追加 (Add Location) Microsoft Graph の UpdateEvent API を使用して、指定したイベント ([イベント]) に場所 ([会議室のメール アドレス] と [表示名]) を追加します。
添付ファイルを追加 (Add Attachment) Microsoft Graph の AddAttachment API を使用して、指定したイベント ([イベント]) に添付ファイル ([ファイル パス]) を追加します。

 

エフペン
エフペン
他のアクティビティは、Office365アクティビティ一覧を参照してください。

 

Office365の予定表/カレンダーの操作

Office365の予定表/カレンダーを操作するには、「連携>Microsoft>Office365>予定表/カレンダー」にあるアクティビティを使用します。

ラッコくん
ラッコくん
この章では、使用頻度が高いアクティビティの使用例を紹介するよ

 

イベント/予定を作成 (Create Event)

Office365のイベントや予定表の作成は、「イベント/予定を作成 (Create Event)」アクティビティを使用します。

 

イベント/予定を作成 (Create Event)の設定項目

設定場所 設定項目 設定内容
[プロパティ] パネル内 共通 表示名 アクティビティの表示名です。
イベントの内容 本文 イベントの本文です。
HTML 本文 選択した場合、本文は HTML 形式で解釈されます。
件名 イベントの件名です。
イベントのスケジュール設定 終了時刻 イベントの終了時刻です。
開始時刻 イベントの開始時刻です。
タイム ゾーン [開始時刻] と [終了時刻] を解釈するタイム ゾーンです。
入力 アカウント (任意) 対話するメール アドレスです。
予定表 イベントの作成に使用する予定表です。
その他 プライベート オンにした場合、変数および引数の値が Verbose レベルでログに出力されなくなります。
オプション カテゴリ イベントに関連付けられているカテゴリです。
終日 選択した場合、イベントが終日イベントとして設定されます。
公開方法 イベント中のユーザーの空き状態。
出力 イベント 作成されるイベントです。

 

 

サンプルプロセス
ワークフロー実行時にOffice365へログインしたユーザのイベントを作成する。

 

・変数

 

・Microsoft Office 365 スコープのプロパティ

ラッコくん
ラッコくん
認証のサービスでイベントを作成するのに必要なCalendarを選択しているよ。

 

・イベントを作成のプロパティ

 

・ワークフロー実行前の予定表

 

・ワークフロー実行後の予定表

エフペン
エフペン
3月10日の9時に予定表が作成されています。

 

 

イベント/予定を検索 (Search Events)

Office365のイベントや予定表の検索は、「イベント/予定を検索 (Search Events)」アクティビティを使用します。

 

イベント/予定を検索 (Search Events)の設定項目

設定場所 設定項目 設定内容
[プロパティ] パネル内 共通 表示名 アクティビティの表示名です。
入力 アカウント (任意) 対話するメール アドレスです。
予定表 検索する予定表です。
その他 プライベート オンにした場合、変数および引数の値が Verbose レベルでログに出力されなくなります。
オプション 終了日 イベント検索範囲の終了日です。
結果の最大数 検索結果として返されるイベントの最大数です。
定期的なイベントを返す 選択した場合、定期的なイベントも返されます。
検索クエリ 指定すると、件名、本文、場所、または出席者にこの文字列が含まれるイベントのみが返されます。
開始日 イベント検索範囲の開始日です。
出力 イベント [検索クエリ] の値に一致するイベントの配列 (Event オブジェクト) です。

 

 

サンプルプロセス
ワークフロー実行時にOffice365へログインしたユーザの予定表/カレンダーから、検索クエリが含まれるイベントを抽出する。

・変数

 

・Microsoft Office 365 スコープのプロパティ

 

・イベントを検索のプロパティ

 

・繰り返し (コレクションの各要素)のプロパティ

ラッコくん
ラッコくん
TypeArgumentにMicrosoft.Graph.Eventを指定しているよ。

 

・イベント取得対象の予定表

 

・ワークフロー実行結果のログ

エフペン
エフペン
「イベント」を含むイベントを取得して件名を表示出来ています。

 

予定表を取得 (Get Calendars)

Office365の予定表の取得は、「予定表を取得 (Get Calendars)」アクティビティを使用します。

 

予定表を取得 (Get Calendars)の設定項目

設定場所 設定項目 設定内容
[プロパティ] パネル内 共通 表示名 アクティビティの表示名です。
入力 アカウント (任意) 対話するメール アドレスです。
ユーザー 予定表を取得するユーザーのメール アドレスです。
その他 プライベート オンにした場合、変数および引数の値が Verbose レベルでログに出力されなくなります。
出力 予定表 ユーザーの予定表の配列です。
既定の予定表 [ユーザー] プロパティが空の場合に使用される、認証されたユーザーの既定の予定表です。

 

 

サンプルプロセス
指定ユーザの予定表を取得する。

 

・変数

 

・予定表を取得のプロパティ

 

・繰り返し (コレクションの各要素)のプロパティ

エフペン
エフペン
TypeArgumentにMicrosoft.Graph.Calendarを指定しています。

 

 

・指定ユーザの予定表

 

・ワークフロー実行後のログ

ラッコくん
ラッコくん
Calendar(予定表)、日本の休日、誕生日の予定表を取得出来ているよ。

 

 

まとめ

  • Office365の予定表やカレンダーを操作するためには、まずMicrosoftOffice365.Activitiesアクティビティパッケージを追加します。
  • 予定表やカレンダーを操作するワークフローに「Microsoft Office 365 スコープ」を配置し、その中に「連携>Microsoft>Office365>予定表/カレンダー」アクティビティを配置する。
  • イベントはevent型、予定表はcalendar型で値を取得します。

 

目次へ戻る

 

 関連記事 【UiPath】Udemyのオンラインコースで実践的なロボット作成を学ぶ

 同カテゴリ UiPath