UiPath

【UiPath】MicrosoftOffice365のグループ関連アクティビティの使用例

UiPath Studioの開発では、Office365のグループを操作したいケースがあります。

この記事では、Microsoft Office365アクティビティを使用して、グループを操作する方法を説明します。

 

 関連記事 【UiPath】Udemyのオンラインコースでワンランク上のロボット作成技術を学ぶ

 

 

 

Office365アクティビティの使用準備と方法

Office365アクティビティのインストール方法

Microsoft Office365アクティビティは、デフォルトで作成したプロセスには存在しません。

別途、MicrosoftOffice365.Activitiesアクティビティパッケージを追加する必要があります。

Microsoft Office365アクティビティのインストール方法は、Office365アクティビティパッケージのインストールの記事を参考にしてください。

 

Office365アクティビティの使用方法

Office365のグループ関連のアクティビティは、「Microsoft Office 365 スコープ」内にアクティビティ配置して使用します。

「Microsoft Office 365 スコープ」は、連携>Microsoft>Office365 配下のアクティビティがすべて使用出来るのでおすすめです。

ただし、AzureADに対して「アプリの登録」の設定が必要です。

エフペン
エフペン
具体的な設定方法は、Microsoft Office 365 スコープによる認証を参照してください。

 

 

Office365のグループ操作のアクティビティ一覧

Office365のグループを操作するアクティビティは、「連携>Microsoft>Office365>グループ」配下にあります。

 

「連携>Microsoft>Office365>グループ」配下のアクティビティは、以下表の通りです。

アクティビティの場所 アクティビティ名 アクティビティで出来ること
連携>Microsoft>
Office365>
グループ
グループを作成 (Create Group)(Create Group) Microsoft Graph の CreateGroup API を使用して、新しいユーザー グループを作成します。
グループを削除 (Delete Group)(Delete Group) Microsoft Graph の DeleteGroup API を使用して、ユーザー グループを削除します。
グループを取得 (Get Group) Microsoft Graph の GetGroup API を使用してユーザー グループを見つけます。
グループ リストを表示 (List Groups) Microsoft Graph の ListGroups API を使用して、すべてのユーザー グループを表示します。

 

エフペン
エフペン
他のアクティビティは、Office365アクティビティ一覧を参照してください。

 

Office365のグループの操作

Office365のグループを操作するには、「連携>Microsoft>Office365>グループ」にあるアクティビティを使用します。

ラッコくん
ラッコくん
この章では、グループのアクティビティの使用例を紹介するよ

 

グループを取得 (Get Group)

Office365のグループの取得は、「グループを取得 (Get Group)」アクティビティを使用します。

 

グループを取得 (Get Group)の設定項目

設定場所 設定項目 設定内容
[プロパティ] パネル内 共通 表示名 アクティビティの表示名です。
入力 メールのニックネーム グループのメール エイリアスです。
その他 プライベート オンにした場合、変数および引数の値が Verbose レベルでログに出力されなくなります。
出力 グループ 指定した ID を持つグループ オブジェクトです。

 

 

サンプルプロセス
指定のメールのニックネームのグループを取得し、メールアドレスをログ出力する。

・変数

 

・Microsoft Office 365 スコープのプロパティ

 

・グループを取得のプロパティ

エフペン
エフペン
グループを取得の出力は、Microsoft.Graph.Group型の変数(gr)をセットします。

 

・管理画面のアクティブなチームとグループ一覧

 

・実行結果のログ

ラッコくん
ラッコくん
「spo-test001」グループのメールアドレスがログへ出力されています。

 

グループ 一覧を表示 (List Groups)

Office365のグループ一覧の取得は、「グループ 一覧を表示 (List Groups)」アクティビティを使用します。

 

グループ 一覧を表示 (List Groups)の設定項目

設定場所 設定項目 設定内容
[プロパティ] パネル内 共通 表示名 アクティビティの表示名です。
入力 グループの種類 グループの種類です。
その他 プライベート オンにした場合、変数および引数の値が Verbose レベルでログに出力されなくなります。
出力 グループ Office 365 グループやその他のグループをはじめとする、組織内のすべてのグループのリストです。

 

 

サンプルプロセス
グループ一覧を取得し、グループ名とメールアドレスをログへ出力する。

 

・変数

 

・Microsoft Office 365 スコープのプロパティ

 

・グループ一覧を表示のプロパティ

 

・繰り返し (コレクションの各要素)のプロパティ

 

・管理画面のアクティブなチームとグループ一覧

 

・ワークフロー実行後のログにグループ名とメールアドレスが出力されています。

 

まとめ

  • Office365のグループを操作するためには、まずMicrosoftOffice365.Activitiesアクティビティパッケージを追加します。
  • グループを操作するワークフローに「Microsoft Office 365 スコープ」を配置し、その中に「連携>Microsoft>Office365>グループー」アクティビティを配置する。
  • グループを取得結果は、group型が出力されます。

目次へ戻る

 

 関連記事 【UiPath】Udemyのオンラインコースでワンランク上のロボット作成技術を学ぶ

 同カテゴリ UiPath

 

当ブログ『エフペンITブログ』の運営者