UiPath

【UiPath】MicrosoftOffice365のPlanner関連アクティビティの使用例

UiPath Studioの開発では、Office365のPlannerを操作したいケースがあります。

この記事では、Microsoft Office365アクティビティを使用して、Plannerのプラン、パケットやタスクを操作する方法を説明します。

目次へ進む

 関連記事 【UiPath】Udemyのオンラインコースでワンランク上のロボット作成技術を学ぶ

当ブログ『エフペンITブログ』の運営者

 

エフペン
エフペン
もし、エフペンが未経験からITエンジニア目指すなら、プログラミングスクールのDIVE INTO CODEへ入会します。  

\教育訓練給付金対象講座なら受講料最大 70 %給付/

DIVE INTO CODEのオンライン個別説明会&相談会を見てみる

*オンライン個別説明会&相談会への参加は無料

DIVE INTO CODE公式サイトのWebエンジニアコース

 関連記事 現役SEエフペンがもしIT未経験からWebエンジニアを目指すならプログラミングスクール【DIVE INTO CODE】を受講する

ラッコくん
ラッコくん
プログラミングだけでなく、要件、設計、開発、テスト、環境構築とプログラミング以外のスキルも丁寧に学べるので、卒業後1人前とみなされて転職活動できるからだよ。

Office365アクティビティの使用準備と方法

Office365アクティビティのインストール方法

Microsoft Office365アクティビティは、デフォルトで作成したプロセスには存在しません。

別途、MicrosoftOffice365.Activitiesアクティビティパッケージを追加する必要があります。

Microsoft Office365アクティビティのインストール方法は、Office365アクティビティパッケージのインストールの記事を参考にしてください。

 

Office365アクティビティの使用方法

Office365のグループ関連のアクティビティは、「Microsoft Office 365 スコープ」内にアクティビティ配置して使用します。

「Microsoft Office 365 スコープ」は、連携>Microsoft>Office365 配下のアクティビティがすべて使用出来るのでおすすめです。

ただし、AzureADに対して「アプリの登録」の設定が必要です。

エフペン
エフペン
具体的な設定方法は、Microsoft Office 365 スコープによる認証を参照してください。

 

 

Office365のPlanner操作のアクティビティ一覧

Office365のPlannerを操作するアクティビティは、「連携>Microsoft>Office365>Planner」配下にあります。

 

「連携>Microsoft>Office365>Planner」配下のアクティビティは、以下表の通りです。

アクティビティの場所 アクティビティ名 アクティビティで出来ること
連携>Microsoft>
Office365>
Planner>タスク
タスクのリストを取得 (List Tasks) Microsoft Graph の List Tasks API を使用して、プラン内のすべてのタスクのリストを取得します。
タスクを作成 (Create Task) Microsoft Graph の CreateTask API を使用して、新しいタスクを作成します。
タスクを削除 (Delete Task) Microsoft Graph の DeleteTask API を使用して、既存のタスクを削除します。
タスクを取得 (Get Task) Microsoft Graph の GetTask API を使用して、既存のタスクを取得します。
タスクを更新 (Update Task) Microsoft Graph の UpdateTask API を使用して、既存のタスクを変更します。
連携>Microsoft>
Office365>
Planner>パケット
バケットのタスクのリストを取得 (List Bucket Tasks) Microsoft Graph の ListBucketTasks API を使用して、特定のバケット内のすべてのタスクをリスト表示します。
バケットのリストを取得 (List Buckets) Microsoft Graph の List plan buckets API を使用して、プラン内のすべてのバケットを表示します。
バケットを作成 (Create Bucket) Microsoft Graph の CreateBucket API を使用して、プラン内に新しいバケットを作成します。
バケットを削除 (Delete Bucket) Microsoft Graph の DeleteBucket API を使用して、既存のバケットを削除します。
連携>Microsoft>
Office365>
Planner>プラン
プランのリストを取得 (List Plans) Microsoft Graph の List plans API を使用して、指定したユーザー グループのプランをすべて表示します。
プランを作成 (Create Plan) Microsoft Graph の CreatePlan API を使用して、新しいプランを作成します。
プランを取得 (Get Plan) Microsoft Graph の GetPlan API を使用して、ID によりプランを取得します。

 

エフペン
エフペン
他のアクティビティは、Office365アクティビティ一覧を参照してください。

 

Office365のPlannerの操作

Office365のPlannerを操作するには、「連携>Microsoft>Office365>Planner」にあるアクティビティを使用します。

ラッコくん
ラッコくん
この章では、Plannerのプラン、パケットやタスクのアクティビティの使用例を紹介するよ

 

プランを作成 (Create Plan)

Office365のプランの作成は、「プランを作成 (Create Plan)」アクティビティを使用します。

 

プランを作成 (Create Plan)の設定項目

設定場所 設定項目 設定内容
[プロパティ] パネル内 共通 表示名 アクティビティの表示名です。
入力 グループ このプランを所有するユーザー グループです。
プランのタイトル プランの名前です。
その他 プライベート オンにした場合、変数および引数の値が Verbose レベルでログに出力されなくなります。
出力 プラン 新しく作成される Microsoft のプランです。

 

 

サンプルプロセス
指定のグループ内に新規プランを作成する。

 

・変数

 

 

・Microsoft Office 365 スコープのプロパティ

 

・グループを取得のプロパティ

エフペン
エフペン
グループを取得の出力は、Microsoft.Graph.Group型の変数(gr)をセットします。

 

・プランを作成のプロパティ

 

・アクティブなチームとグループ一覧

 

・ワークフロー実行前のプラン一覧

 

・ワークフロー実行後のプラン一覧

エフペン
エフペン
プランを作成で作成した「プランUiPath」が表示されています。

 

 

プランのリストを取得 (List Plans)

Office365のプラン一覧の取得は、「プランのリストを取得 (List Plans)」アクティビティを使用します。

 

プランのリストを取得 (List Plans)の設定項目

設定場所 設定項目 設定内容
[プロパティ] パネル内 共通 表示名 アクティビティの表示名です。
入力 グループ グループ オブジェクトです。
その他 プライベート オンにした場合、変数および引数の値が Verbose レベルでログに出力されなくなります。
出力 プラン グループから取得する Planner プラン オブジェクトのコレクションです。

 

 

サンプルプロセス
指定のグループ内のプランの一覧を取得し、各プランのTitleとidをログへ出力する。

 

・変数

 

・Microsoft Office 365 スコープのプロパティ

 

・グループを取得のプロパティ

 

・プランの一覧を取得のプロパティ

 

 

・繰り返し (コレクションの各要素)のプロパティ

ラッコくん
ラッコくん
TypeArgumentにMicrosoft.Graph.PlannerPlanを指定しているよ。

 

・Plannerハブの画面

 

・ワークフロー実行結果のログ

エフペン
エフペン
グループAのプランがログへ出力されています。

 

バケットを作成 (Create Bucket)

Office365のバケットを作成するためには、まず「プランを取得 (Get Plan)」アクティビティで「Microsoft.Graph.PlannerPlan」型のプランを取得します。

次に取得したプランを「バケットを作成 (Create Bucket)」アクティビティへインプットして、バケットを新規に作成します。

 

プランを取得 (Get Plan)の設定項目

設定場所 設定項目 設定内容
[プロパティ] パネル内 共通 表示名 アクティビティの表示名です。
入力 プラン ID プランの ID です。
その他 プライベート オンにした場合、変数および引数の値が Verbose レベルでログに出力されなくなります。
出力 プラン 指定した ID を持つ Microsoft のプランです。

 

 

 

バケットを作成 (Create Bucket)の設定項目

設定場所 設定項目 設定内容
[プロパティ] パネル内 共通 表示名 アクティビティの表示名です。
入力 名前 新しいバケットの名前です。
プラン Planner プラン オブジェクトです。
その他 プライベート オンにした場合、変数および引数の値が Verbose レベルでログに出力されなくなります。
出力 バケット 新たに作成されたバケットです。

 

 

サンプルプロセス
指定のプラン内にバケットを新規作成する。

・変数

 

・Microsoft Office 365 スコープのプロパティ

 

 

・プランを取得のプロパティ

エフペン
エフペン
プランIDは、プランのリストを取得 (List Plans)もしくは、対象プランのURLのplanId=wCrUcLOtjk-UHeXvano_nvoAC1mmから取得します。

 

・バケットを作成のプロパティ

 

・ワークフロー実行前のグループAのプラン

ラッコくん
ラッコくん
プランIDは、対象プランのURLのplanId=wCrUcLOtjk-UHeXvano_nvoAC1mm で確認できるよ。

 

・ワークフロー実行後のグループAのプラン

エフペン
エフペン
新規UiPathバケットが作成されています。

 

 

 

バケットのリストを取得 (List Buckets)

Office365のバケットを作成するためには、まず「プランを取得 (Get Plan)」アクティビティで「Microsoft.Graph.PlannerPlan」型のプランを取得します。

次に取得したプランを「バケットのリストを取得 (List Buckets)」アクティビティへインプットしてパケットの一覧を取得できます。

 

バケットのリストを取得 (List Buckets)の設定項目

設定場所 設定項目 設定内容
[プロパティ] パネル内 共通 表示名 アクティビティの表示名です。
入力 プラン Planner プラン オブジェクトです。
その他 プライベート オンにした場合、変数および引数の値が Verbose レベルでログに出力されなくなります。
出力 バケット 特定のプランのバケットのコレクションです。

 

 

サンプルプロセス
指定のプラン内のバケット一覧を取得し、バケット名とIDをログへ出力する。

 

・変数

 

・Microsoft Office 365 スコープのプロパティ

 

・プランを取得のプロパティ

ラッコくん
ラッコくん
プランIDは、プランをブラウザで表示した際のURLのplanId=以降に表示されているよ。

 

・バケットの一覧を取得のプロパティ

 

・繰り返し (コレクションの各要素)のプロパティ

エフペン
エフペン
TypeArgumentにMicrosoft.Graph.PlannerBucketを指定しています。

 

・対象のプランの画面

 

・ワークフロー実行結果のログ

 

 

バケットのタスクのリストを取得 (List Bucket Tasks)

Office365のバケットを作成するためには、まず「プランを取得 (Get Plan)」アクティビティで「Microsoft.Graph.PlannerPlan」型のプランを取得します。

次に取得したプランを「バケットのリストを取得 (List Buckets)」アクティビティへインプットしてパケットの一つを「バケットのタスクのリストを取得 (List Bucket Tasks)」で指定することにより、タスク一覧を取得できます。

 

バケットのタスクのリストを取得 (List Bucket Tasks)の設定項目

設定場所 設定項目 設定内容
[プロパティ] パネル内 共通 表示名 アクティビティの表示名です。
入力 バケット Planner バケット オブジェクトです。
その他 プライベート オンにした場合、変数および引数の値が Verbose レベルでログに出力されなくなります。
出力 タスク 特定の Planner バケットにある Planner タスクのコレクションです。

 

 

サンプルプロセス
指定のプラン内のバケット一覧を取得し、3つ目(配列番号は2)のパケットのタスクのタイトルとIDをログへ出力する。

 

・変数

 

・Microsoft Office 365 スコープのプロパティ

 

・プランを取得のプロパティ

ラッコくん
ラッコくん
プランIDは、プランをブラウザで表示した際のURLのplanId=以降に表示されているよ。

 

・バケットの一覧を取得のプロパティ

 

・バケットのタスクの一覧を取得のプロパティ

 

・繰り返し (コレクションの各要素)のプロパティ

エフペン
エフペン
TypeArgumentにMicrosoft.Graph.PlannerTaskを指定しています。

 

・対象のプランの画面

 

・ワークフロー実行結果のログ

 

 

タスクのリストを取得 (List Tasks)

Office365のバケットを作成するためには、まず「プランを取得 (Get Plan)」アクティビティで「Microsoft.Graph.PlannerPlan」型のプランを取得します。

次に取得したプランを「タスクのリストを取得 (List Tasks)」を指定することで、プラン内のタスクをリストで取得できます。

 

タスクのリストを取得 (List Tasks)の設定項目

設定場所 設定項目 設定内容
[プロパティ] パネル内 共通 表示名 アクティビティの表示名です。
入力 プラン Planner プラン オブジェクトです
その他 プライベート オンにした場合、変数および引数の値が Verbose レベルでログに出力されなくなります。
出力 タスク 特定の Planner プランにある Planner タスクのコレクションです。

 

 

サンプルプロセス
プラン内すべてのタスクのタイトルとIDをログへ出力する。

 

・変数

 

・プランを取得のプロパティ

エフペン
エフペン
プランIDは、プランをブラウザで表示した際のURLのplanId=以降に表示されています。

 

・タスクの一覧を取得のプロパティ

 

・繰り返し (コレクションの各要素)のプロパティ

ラッコくん
ラッコくん
TypeArgumentにMicrosoft.Graph.PlannerTaskを指定しているよ。

 

・対象のプランの画面

 

・ワークフロー実行結果のログ

 

 

タスクを更新 (Update Task)

Office365のバケットを作成するためには、まず「プランを取得 (Get Plan)」アクティビティで「Microsoft.Graph.PlannerPlan」型のプランを取得します。

次に取得したプランを「バケットのリストを取得 (List Buckets)」アクティビティへインプットしてパケットの一覧の一つを「バケットのタスクのリストを取得 (List Bucket Tasks)」で「Microsoft.Graph.PlannerTask」型のタスクリストを取得します。

タスクリストの一つを「タスクを更新 (Update Task)」でデータを更新します。

 

タスクを更新 (Update Task)の設定項目

設定場所 設定項目 設定内容
[プロパティ] パネル内 共通 表示名 アクティビティの表示名です。
入力 タスク Planner タスク オブジェクトです。
その他 プライベート オンにした場合、変数および引数の値が Verbose レベルでログに出力されなくなります。
オプション 担当者 タスクが割り当てられる一連の担当者です。
期限日時 このタスクの期限の日付と時刻です。
担当者を上書き 選択すると、既存の担当者がタスクから削除されます。
達成率 タスクの達成率です。
開始日時 このタスクの開始日と開始時刻です。
タイトル タスクのタイトルです。
出力 タスク 返される更新済みの Planner タスクです

 

 

サンプルプロセス
指定のプラン内のバケット一覧を取得し、2つ目(配列番号は1)のパケットの1つ目(配列番号は0)のタスクを更新する。

 

・変数

 

・Microsoft Office 365 スコープのプロパティ

 

・プランを取得のプロパティ

 

・バケットの一覧を取得のプロパティ

 

・バケットのタスクの一覧を取得のプロパティ

 

・メッセージをログのプロパティ

 

・タスクを更新のプロパティ

 

・対象のプランの画面

 

・ワークフロー実行結果のログ

 

・対象のプランの画面

エフペン
エフペン
赤枠部分のタスクが更新されています。

 

 

まとめ

  • Office365のPlannerを操作するためには、まずMicrosoftOffice365.Activitiesアクティビティパッケージを追加します。
  • Plannerを操作するワークフローに「Microsoft Office 365 スコープ」を配置し、その中に「連携>Microsoft>Office365>Planner」アクティビティを配置する。
  • プランの取得結果はPlannerPlan型、バケットの取得結果はPlannerBucket型、タスクの取得結果はPlannerTask型が出力されます。

目次へ戻る

 関連記事 【UiPath】Udemyのオンラインコースでワンランク上のロボット作成技術を学ぶ

 

エフペン
エフペン
もし、エフペンが未経験からITエンジニア目指すなら、ITエンジニアとしての実力をつけることを優先しているプログラミングスクールのDIVE INTO CODEへ入ります。

\¥647,800(給付金を利用した場合、実質負担197,800円)/

Webエンジニアコース 就職達成プログラムを見てみる

*オンライン個別説明会&相談会への参加は無料

DIVE INTO CODE公式サイト オンライン個別説明会&相談会

 関連記事 現役SEエフペンがもしIT未経験からWebエンジニアを目指すならプログラミングスクール【DIVE INTO CODE】を受講する

ラッコくん
ラッコくん
卒業生の9割以上が未経験採用ではなく結果的に実務歴2~3年が必要が必要とされる求人票で内定を得ており、通常の未経験者より良い条件で転職できるよ。